ホログラム、ラミネートなど自在な特殊加工で印刷物に豊かさを
株式会社 トーツヤ・エコー

「UVシルク厚盛印刷」とは?

トップページ > ブログ > 「UVシルク厚盛印刷」とは?
2018/09/27
Written by 株式会社トーツヤ・エコー
タグ :
トランスタバック ラミネート 印刷 特殊印刷 表面加工

 

 

表面加工 用語集『UVシルク厚盛印刷【ゆーぶいしるくあつもりいんさつ】

 

印刷面を、UVシルク厚盛印刷専用の特殊インキで厚く盛上げる印刷方法です。部分的に凹凸を作り出し、艶感・盛感・質感のある印刷物に仕上がります。マットの厚盛印刷も可能です。ただし、グロス、マットともにインキが染み込み易い用紙には向いていません。

表面加工とUV厚盛印刷

ラミネート加工をした印刷物に対してUV厚盛印刷をする場合は、ラミネート加工に使用するフィルムの種類に注意しなければなりません。後加工適性に優れた易接着フィルムを使用するようにします。
コーティング加工やトランスタバック加工などの塗りの加工の場合は、UV厚盛印刷との相性は使用する塗料にもよります。ただし、場合によってはUV厚盛のインキが密着せず、剥がれてしまう恐れもあります。それを回避するためには、表面加工時は、UV厚盛印刷の該当箇所をあらかじめスポットで抜く「スポット加工」をするのが安全です。
いずれの場合も、担当者と事前にしっかり打ち合わせを行うことが大切です。

- お電話でのお問い合わせはこちら -

phone_iphone

048-421-2233

- お気軽にお問い合わせください。 -

mail_outlineお問い合わせフォームへ