ホログラム、ラミネートなど自在な特殊加工で印刷物に豊かさを
株式会社 トーツヤ・エコー

トランスタバック加工って、一体どんな加工?

トップページ > ブログ > トランスタバック加工って、一体どんな加工?
2018/01/19
Written by 株式会社トーツヤ・エコー
タグ :
トランスタバック プラスチック印刷 ホログラム ラミネート 光沢 表面加工

 

 

 

見出し  ラミネート加工やコーティング加工とも違う「トランスタバック加工」って?

 

トランスタバック加工ポストカード

トランスタバック加工は、「LCコート」や「ラミコート」などとも呼ばれており、印刷物の表面に艶を出したりマットな質感を与えたりするほか、ホログラム加工をすることもできます。トランスタバック加工とは一体、どのような仕組みによるものなのでしょうか?

 



見出し  キーワードは「転写」

 

トランスタバック加工

ざっくり言うと、フィルムそのものを貼り付ける「ラミネート加工」に対し、トランスタバック加工は、「フィルムの面を印刷物に転写させる」という方法になります。

まず、印刷物の表面に紫外線硬化樹脂の塗料を塗布し、その上から転写用のフィルムを圧着させます。そこへ紫外線を照射させると、紫外線はフィルムを透過し、樹脂を硬化させます。すると、圧着させたフィルムの表面が、印刷物表面の樹脂に転写されるという仕組みです。その後、圧着させたフィルムは剥がされます。

トランスタバック加工 行程 

フィルムの種類を変えることで表情が変わるので、ホログラムフィルムを使えばホログラム柄が転写され、マットフィルムを使えばマットな仕上がりが得られます。


▼左から マット、ツヤ、ホログラム 
ツヤ、マット、ホログラム



▼トランスタバックのパターンカタログはこちら
トランスタバックカタログダウンロード


▶▶ホログラム加工において注意すべき「つなぎ」とは?▶
 


見出し  トランスタバック加工は「スポット加工」ができる

 

トランスタバック スポット加工

トランスタバックは、スポット版を作ることで、スポット加工ができます。これにより、背景だけに加工をしたり、逆にタイトル部分だけ加工をしないなど、加工する部分としない部分を分けることができます。


▶表面加工における「スポット加工」とは?
 

 


見出し  トランスタバック加工でコストも削減!

 

トランスタバック加工

転写用のフィルムは貼らずに繰り返し使うので、ホログラム加工においては特に、ラミネート加工をするよりもコストを削減することができます。

▶ホログラム加工がしたい!一体どんな加工方法があるの?



見出し  トランスタバック加工は環境にやさしい


エコ 


トランスタバック加工は、有機溶剤を全く含まない塗料を使用するため、溶剤の蒸気が発生せず、環境を汚染することがありません。また、フィルムレスであり、従来のUVコーティング加工に比べて塗布量が少ないので、印刷紙と同等のリサイクル適性があり、環境にやさしい加工といえます。



見出し  トランスタバック加工はプラスチックにもOK!

 

トランスタバック PPケース

プラスチックシートにも加工ができるので、クリアファイルなどのグッズやPP製のクリアパッケージなどにお勧めです。



見出し  まとめ

低コストでホログラムの種類も豊富なトランスタバック加工。まずはカタログを取り寄せて、実際に目で見て確かめてみるのがいちばんかと思います。  ▶トランスタバックカタログ請求(株式会社トーツヤ・エコー)
印刷物を、より美しく魅力的なものにしたいですね。


▶株式会社トーツヤ・エコー/会社概要
▶トランスタバックカタログ請求
  


関連のある記事 

印刷物表面のキズを防ぐには? 印刷物の表面のキズを防ぎたい!その対策とは?

背割れ・紙割れを防ぐには? 表面加工における「背割れ」「紙割れ」を防ぐには?
加工別にみる表面加工の光沢度の違い 加工別にみる表面加工の光沢度の違い

- お電話でのお問い合わせはこちら -

phone_iphone

048-421-2233

- お気軽にお問い合わせください。 -

mail_outlineお問い合わせフォームへ