ホログラム、ラミネートなど自在な特殊加工で印刷物に豊かさを
株式会社 トーツヤ・エコー

「面付け」とは?

トップページ > ブログ > 「面付け」とは?
2021/02/24
Written by 株式会社トーツヤ・エコー
タグ :
プラスチック印刷 印刷 印刷用紙 刷本 折り加工 表面加工

 

 

表面加工 用語集『面付け【めんつけ】 

 

印刷機で印刷をする際、1枚の印刷用紙に対して複数の印刷データを並べた状態にすること。

印刷物のサイズや用紙の大きさに応じて、面付けする数も変わります。また、カードやチラシなどの単体の場合と、冊子や本などのページものの場合で面付の仕方は大きく変わります。印刷後、トンボに沿って指定のサイズに断裁されます。

■カードやチラシなどの単体のペラものの場合
単純にコピーして並べます。別の種類のものを付け合わせる場合もあります。印刷された後に表面加工がなされ、断裁、抜き加工などが行われます。

【カードの面付の例】
ペラもの面付


■本やパンフレットなどのページものの場合

ページものの場合は、印刷した後に紙を折りたたみ、背の部分を綴じたあとに端の部分を切り落とすという流れで作られるので、面付けは少し複雑になります。折ったときに順番通りになるように、1枚の大きな紙に下の図のように面付けされます。

【ページものの面付けの例】
ページもの面付け


▶「咥え」とは?▶▶
▶「ブロッキング」はなぜ起こる?表面加工におけるブロッキングの原因とその対策▶▶
▶ 油性印刷のパウダーが表面加工に及ぼす影響とは?



- お電話でのお問い合わせはこちら -

phone_iphone

048-421-2233

- お気軽にお問い合わせください。 -

mail_outlineお問い合わせフォームへ